おススメの会計ソフト

私は新卒で金融機関に勤めたあと、事業会社で経理部に所属しました。それからはずっと経理畑で、他の業務を担当しながらも経理とはずっと関わってきました。最初の中小企業では勘定奉行、転職したベンチャーでは弥生会計&給与、独立してからはクラウドのfreeeを使用しています。経理代行も業務として行っておりまして、今回は使いやすかったおススメの会計ソフトをご紹介したいと思います。

弥生シリーズ

私が一番使いやすく感じている会計ソフトです。試算表の推移表などが見やすく、そこから元帳に入って確認したり、帳簿の訂正したりと、特にマニュアルを読むことなく、感覚で操作することができました。
ある程度の簿記の知識がある方であれば私は一番お勧め致します。

  • やよいの白色申告
  • やよいの青色申告
  • 弥生会計

ひらがなで「やよい」と書いてあるのが個人事業者向けで、漢字で「弥生」と書いてあるのが法人向けです。
オンライン版とインストールするタイプとあります。

オンラインとインストール版との違い

やはりオンラインのメリットはインストール不要で、どのパソコンからでも使用できることになります。マックユーザーでも使えることもメリットです。
誰かに手伝ってもらいたい時にも簡単に頼めますね。

私はパソコンを買い替えたときのデータの移行などの煩わしさが嫌いなので、少しづつクラウド化を進めています。
仕事でパソコンを一日中使っていると、3年くらいで買い替え時になってしまいますからね。

オンライン版は無料で試せるのも特徴です。

インストール版のメリットはネット環境に左右されなく、動作が圧倒的に早いことです。例えば飲食業など細かい入力が沢山ある業種ではサクサク動かないとじれったく感じてしまいます。帳簿のボリュームが多い場合はインストール版も検討してみるとよいかと思います。
インストール版でもデータをダウンロードして、送ることができます。相手が弥生のソフトが入っていればデータを入れ込んで確認することができます。弥生は圧倒的にユーザーが多いので、代行業者さんも対応してくれるでしょう。

オンラインインストール
費用月額課金
(プランにより機能制限)
買いきり
動作ネット環境に影響される早い
Mac使用可能不可

過去にサポートに電話したときの感想

うまくインストールできなかった時と、動作が遅い場合など、何度かサポートセンターに電話したことがあります。
電話が繋がるまでけっこう時間がかかりました。保留音であと何人待ちなどの案内があったのを覚えています。対応は丁寧で、細かく教えてくれます。操作に自信がない場合はサポートがあるプランのほうが安心です。

freee

freeeはオンラインの会計ソフトです。
私は、freeeを使用して、自分の事務所の帳簿入力をしております。
初めてfreeeを使用した時の感想は使いにくかったです。freeeは簿記の知識がない方でも入力できるように工夫されているように思われますので、複式簿記の仕訳入力に慣れていた私には最初は使いづらかったです。
まったく簿記の知識がなくても、入力して完成した残高の確認とかくらいは見れるようになる必要はあるかと思います。
なぜ自社の会計ソフトをfreeeにしたのかと言いますと、スマホ対応やクレジットカード連携など、使用したことのない機能に興味を持ったからです。
一番安い月額980円のプランでも確定申告書の作成・提出、通帳やカードとの連携、チャットサポートは入っております。最初は無料で試すこともできますので、とりあえず操作してみることが可能です。

過去にサポートを使ってみた感想

チャットのサポートを使用したことがありますが、すぐに解答がきて、解決することができました。
気軽にお問合せできるのがいいですが、過去の質問したログが残らないので、スクショ等を撮っておくといいと思います。

帳簿入力代行を承っております

帳簿入力が面倒な場合は、弊所で代行記帳致します。
お客様にあわせてお見積り致しますので、お気軽にお問い合わせください。
(料金の目安)
ひと月分の仕訳1万円~
100~200仕訳まで2万円

TEL受付時間10:00~19:00
TEL0120-897-198
mailsupport@gyousei-net.com