離婚届

婚姻・離婚届けの承認欄

婚姻の届出の場合は、婚姻届に証人の署名捺印(成人2名分)が必要になります。
また、協議離婚の場合にも、離婚届に証人の署名捺印(成人2名分)が必要になります。
届出書の証人は、結婚・離婚の当事者以外の成人であれば、親御さんやお子様、兄弟姉妹でも、友人でも、誰でもなることができます。
しかし、証人を頼める人がいない、外部に知られたくない、時間的な余裕が無い、その他の事情や心配がある場合が意外と多いものです。

婚姻・離婚届証人代行サービス【全国対応】

  • 婚姻・離婚届の証人を頼める人がいないご夫婦
  • 婚姻・離婚することを誰にも知られたくないご夫婦

民事法務に精通した行政書士が証人代行致します。
行政書士は行政書士法により守秘義務があります。法律上の守秘義務を課せられている国家資格者である行政書士に、安心してお申し込みください。

婚姻・離婚届の証人代行の流れ

ステップ1
メールフォームからお申し込みください

ステップ2
返信メールの手順にそって署名押印済の婚姻・離婚届けと委任状、(本人確認書類の写し)を郵送してください。

ステップ
証人欄に署名・押印した婚姻・離婚届をレターパックにて返送します。

ステップ
婚姻・離婚届が届きましたら,役所へご提出ください。

ステップ
代行手数料をお振り込みください。領収書の必要な方はご連絡ください。

  • 証人代行1名  5,500円
  • 証人代行2名 11,000円

※以下の場合はお受けできません。
・婚姻、離婚することに夫婦の一方でも合意していない場合
・夫婦の一方が勝手に離婚届を提出しようとしている場合
・偽装離婚の疑いがある場合
・日本国籍でない場合
・その他証人代行がトラブルになる可能性がある場合

お問い合わせはこちら

行政書士吉田正樹事務所

お電話やメール、お問合せフォーム等でお気軽にお問い合わせください。

TEL受付10:00~19:00
TEL0120-897-198
Mailsupport@gyousei-net.com