経験無し会社員が動物取扱責任者になる方法

脱サラをして、ブリーダーや猫カフェなど経営には動物取扱業の登録が必要となります。場所や資金の準備以外に、人的な要件が必要となりますので注意してください。飲食店なら食品衛生責任者が必要なように、動物取扱業は「動物取扱責任者」の設置が必須となります。

動物取扱責任者になるために

動物愛護法の改正により、動物取扱責任者になるハードルが高くなりました。
動物取扱責任者がいないと、動物取扱業の登録ができないので、ブリーダーをしたり、猫カフェをオープンしたりすることが出来ません。

動物取扱管理者になるためには以下の2つのパターンがあります。

  1. 獣医師又は動物看護師の免許をつかう
  2. 必要な経験知識を証明する

経験は実務経験
知識は学校の卒業か資格試験の合格があります。

獣医師や動物看護士は実務経験や飼養経験がなくても「動物取扱責任者」になれますが、取得にかなり時間がかかりますので、それ以外の方法で考えてみます。

①半年の実務経験+資格取得

実務経験

動物取扱業の登録をしている業者(ペットショップ等)で正社員として半年間働いて、実務経験の証明書をもらいます。
この場合はサラリーマンを退社後、ペットショップ等で半年以上勤務をする必要があります。一番現実的で短い日数で登録が可能かと思われます。
(参考)実務経験証明書の例

資格取得

愛玩動物飼養管理士や小動物飼養販売管理士は会社員を続けながらでも勉強すれば取得が可能かと存じます。

②1年の飼養経験+資格取得

飼養経験

実務経験が無くても1年間の飼養経験があれば、登録できると書いてあります。

飼養経験は団体により様々な手伝い方があるかと思います。会社員のままボランティア等をすることもできるかと思いますが、その経験が「飼養経験」として認められるかは申請先に前もって確認しないと、無駄になってしまう恐れがあります。
会社員を退職後すぐに動物取扱業を始めたい場合は、飼養経験を積める団体を探してみるのも良いかもしれません。

資格取得

愛玩動物飼養管理士や小動物飼養販売管理士は会社員を続けながらでも勉強すれば取得が可能かと存じます。

飼養経験とは

「実務経験と同等の1年間以上の飼養経験」と法令の文章でありますので、1年間飼養経験があれば、実務経験とみなしてもらえます。
しかし、この規定の運用は各自治体によって異なります。
例えば東京都は動物取扱業を取得している所でのボランティア等の経験が必要であり、その動物取扱業者の署名まで必要となります。(※東京都独自の飼養経験を証する書面の雛型があります)
東京は結局のところ実務経験と大差が無いように思います。
他の自治体も「ただペットを飼っているだけ」では飼養経験とみなされないことが多いです。

どこまでの経験が必要か、書類について雛型(様式)があるか否かなどは、申請する予定の各自治体にお問合せすることをお勧め致します。
自分が飼養経験にあたると思って半年間従事したとしても、認められないケースがありますので注意が必要です。

③法人を設立して動物取扱責任者を雇用する

自身で動物取扱責任者にならなくても、動物取扱責任者になれる方を雇うと動物取扱業の登録が可能です。
法人を設立し、自身が経営者になり、従業員に動物取扱責任者を入れます。
登録後にその会社で自分自身が業務に従事して、半年後に会社から実務経験を認めてもらえば、動物取扱責任者の要件がみたされます。その後は他に動物取扱責任者を雇わなくても、一人で運営することが可能かと思います。

マトメ

如何でしょうか。動物と関係のない業種からの開業はハードルが高いかと思います。
やはりペットを飼うこととは違いますので、一度は動物取扱業者さんの下で経験するのも良いかもしれません。