書類作成

在留資格の申請書類は非常に多いですが、その中でも難易度が高く、申請者によって書き方が異なり、審査にも大きく影響があるのが、「理由書」になります。
申請書を記載し、添付書類を官公庁から取得したとしても、申請者個々人の経緯のなかから、アピールできることや、書かない方が良い事などを取捨選択して作成する腕が必要となります。
間違った書き方をすると、本来許可されるケースであっても不許可になってしまうことがあります。特に短期滞在は一度不許可になると同じ理由で申請できなくなってしまいます。

理由書の作成を代行いたします

  • 自分でビザ申請しようとしているが「理由書」だけは書いてもらおうと思っている方
  • 経歴に不安がある方
  • 帰化申請で日本語の会話は問題ないが、文字が苦手な方

弊所ではお客様の状況をヒアリングし、作成した理由書をワード形式にて納品いたします。
そのまま申請できるように作成しますが、ポイントについても解説しますので、加筆訂正などして頂いても構いません。

理由書の例
手続き書類内容
配偶者ビザ質問書(結婚経緯)質問書にある経緯を詳細に説明します。入管が懸念する結婚の場合は特に細かく説明します
短期滞在(結婚準備)招へい理由書配偶者ビザと同じように二人の出会いから結婚までの経緯を説明します
短期滞在(ビジネス)招へい理由書招へいする会社と申請者との仕事の関係や仕事内容について説明します
就労ビザ雇用理由書外国人を雇う必要性を説明して、許可を取りやすくします
帰化動機書日本人になる動機を説明します。弊所で作成しますので、申請者様が手書きのうえ法務局へ提出します。
官公庁が用意している様式では書ききれませんので、別紙参照として細かく説明します。

理由書作成のポイント

  • A4用紙1枚~2枚にまとめます
  • アピールできる内容と、不利になってしまう内容を把握します
  • 入管が懸念を頂く経緯は特に説明が必要です

在留資格ごとのポイント

結婚ビザ

収入が少ない(無色である)→生活の安定性
離婚歴がある→日本人との離婚歴が多い場合は注意(説明したほうが良い)
留学生からの変更申請→学校での成績を見られます

短期滞在(知人訪問)

知人訪問は国際結婚の手続きをするケースに使えます。結婚ビザと同じく出会いから結婚までの経緯を説明します

短期商用(ビジネス)

申請者と取引先の詳細
法律で許された活動であること

就労(技術・人文知識・国際関係)

外国人を雇う必要がなさそうな場合、追加で雇用理由書や組織図などを求められるケースがあります。
業務内容を説明し、人材が必要な理由を説明します。弊所で代行申請する場合は必ず添付しております。

理由書は必ず付けるのか

「理由書」は必須書類ではないケースもあります。
しかし、添付書類だけだと誤解されてしまう場合がありますので、理由書を添えて説明したほうが良いでしょう。
例)経営管理の更新申請で10年間にわたり1年の在留資格しか取れなかったのが、理由書を添えて3年が取れたというケースがあります。

料金

(在留資格・短期ビザ・帰化)理由書作成33,000円(税込)
作成料となります。申請代行のように許可を保証するものではございません。

お問合せ

行政書士吉田正樹事務所
お電話やメール、お問合せフォーム等でお気軽にお問い合わせください。

TEL受付10:00~19:00
TEL0120-897-198
Mailsupport@gyousei-net.com

申請代行

理由書だけでなく、申請書類の作成、必要書類の収集、申請、受け取りなど、全部まとめて代行をご依頼の方は以下の弊所ホームページをご参照ください。

VISAサポートネット】国際結婚、永住、短期滞在などの身分系ビザの代行

就労ビザサポートネット】外国人雇用、就労系ビザ、資格外活動などの代行